歯が黄ばむ原因はこれ!?黄ばんでしまう食べ物を紹介

歯が黄ばむ原因はこれ!?黄ばんでしまう食べ物を紹介

 

 

 

今回ははが黄ばんでしまう原因となる食べ物についてまとめてみました!
ぜひ参考にしてみて下さい!

 

歯が黄ばんでしまう食べ物

 

歯の外面のエナメル質に汚れが付くことによって、
着色したりして黄ばんだ歯を引き起こしてしまいます。

 

とりわけ着色される可能性が高いのは、コーヒー、紅茶、烏龍茶というような色の濃い飲み物。

 

これ以外には、赤ワインもステインが付きやすいです。

 

このほかにも調味料だとすれば、ソース、しょうゆ、ケチャップなど。

 

カレーやチョコレートといった、いずれにしても色鮮やかな食べ物も着色されやすいと言われています。
この他にはブルーベリー、クランベリー、ハスカップといったベリー類もお気を付けください。
頭に入れておいてほしいことはこういった食品や飲料は、汚れの汚れを落とすことを果たす為に、水と代わる代わる口にすることが重要です。

 

覚えておいてほしいのは口において取り置かないでしっかりとキレイにし歯がカラカラの状態だと、
汚れが付きやすくなってしまいます。

 

食事する前か後には、水で口をキレイにし口内を潤した方が良いでしょう。
これ以外には、飲料を口に一緒にしてから巻き込むまでに時間を費やしていると、歯に着色し易くなってしまいます。

 

気を付けてほしいのは食品は、しっかりと噛みしめることが重要になりますが、
飲料は口の中に溜めこまないことに注意しましょう。ストローを使用して、ドリンクが歯につかないかのごとく飲むのも効果が期待できます。

 

歯みがきやうがいを忘れず手加減することなく磨きしないこと。

 

覚えておいてほしいのは汚れは時間が経過するほどにへばり付きされ、
除外できにくくなっていくと思われます。食後は、ハミガキを途切れないでください。

 

気を付けてほしいのは頭では理解しているけど時間が作れないケースでは、
うがいをするだけだとしてもいくらかの洗浄することが可能です。

 

ハミガキの時には、歯の汚れをきれいにしようと本気を出してゴシゴシ磨くのはしないこと。

 

ゴシゴシ磨きに手をだすと歯のエナメル質が濃度が減少して、
中の象牙質がはっきりとわかるようになり歯をなおのこと黄色く提示してしまいます。

 

毛先がしっとりの歯ブラシを利用して、あまり力を込めすぎずに磨きましょう。

 

 

パールクチュール口コミ

page top