歯の黄ばみの原因|気になったらまずはこれを・・・

歯の黄ばみの原因|気になったらまずはこれを・・・

 

 

色素沈着、歯の黄ばみをストップすることを考慮して、
365日歯を磨くことはさる事ながらいる。

 

これとは別に、できることなら1日に1回デンタルフロスに手を付けてしまうことがお勧めできます

 

。頭に入れておいてほしいことはデンタルフロスは歯と歯の間のキレイにし、着色も阻止します。
ついでに申しますと歯間ブラシでは歯と歯の間の汚れはキレイにできないので、デンタルフロスを使用してください。

 

歯の色がプラスするイメージ 歯の色はどれほど人のイメージに影響をもたらすのでしょうか?

 

顔のセンターにあります〈口元〉が人にあげる印象は、
良くも悪くもスケールの大きいものだからだと想定できます。

 

覚えておいてほしいのは歯の白さとされるもののスタンダードとして
〈眼球の白い部分〉と〈歯の色〉がと同じくらいに白いと、バランスがしっかりしたイメージをプラスするだとのことです。

 

チェックする側のイメージ的な違いもありますからシンプルにはお話しすることが出来ませんが、
写真の撮影に写る際や白い服装の際というようなことは、
ビックリするほど歯の黄ばみがイメージを左右することになることもあったのでだということです。

 

黄ばんだ歯がプラスするイメージはどういったもの?

 

 

「歯が黄ばんでいる人についてのイメージ」をリサーチしたあるWEBページに(※1)、興味が湧く答えがかかれていました。

 

歯が黄色い人に向けたイメージは?

○3歳を上回って老けて見える。
○ビジネス(とりわけ営業)がするのが困難なイメージ。
○異性にもてなさそう。
○おんなじスペック、

 

おんなじ顔なら採用担当者は「歯が白い人」を取り入れたい。 老けて見える、仕事ができなそう、モテないなどの非常に不名誉なイメージを持たれてしまうことが浮き彫りになったというわけです。これ以外に歯が黄ばんでいることを通して「ひょっとしたら歯を磨いていませんのかな?」などと衛生的じゃないイメージを持たれてしまうことも考えられます。コーディネートやヘアースタイルに気を注ぎ込んで、歯をしっかりと磨いているのにもかかわらず「ベーシックな生活習慣が行なっていない」というイメージをもたらしてしまうとなるかなとてもガッカリなことです。

page top